• RIYOKO MATSUI

    Official Web Site

    violinist

    過去のホームページはこちら

    Updated Information

    2016.9.20 Website Updated

  • Biography

    松井利世子
    3歳よりピアノ、7歳よりヴァイオリンを始め、これまでに滝沢達哉、故 江藤俊哉、江藤アンジェラ、辰巳明子、徳永二男の各氏に師事。
    室内楽を岩崎淑、藤井一興の各氏に師事。

    立教女学院小学校、同中学校と同時に桐朋学園子供のための音楽教室を経て、桐朋学園女子高等学校音楽科を卒業。桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。同大学研究科修了。

    全日本学生音楽コンクール、高校の部入選。江藤俊哉ヴァイオリンコンクール第1位を受賞し、東京都交響楽団と共演。その後ヨーロッパにおいて数々の著名な先生のマスタークラスを受講する。

    大学在学中にコロムビアMEよりファーストアルバム「Fantasia」をリリース。同時に、四川省政府主催の国際音楽祭に招待される。
    TV、ラジオ、雑誌、新聞などのメディアで活動。

    その後、イタリアにおける国際音楽コンクールIBRA Grand Prizeにて最高位並びにバッハ賞、同じくイタリアにてミケランジェロ・アバド国際ヴァイオリンコンクール第2位を受賞。翌年、アメリカで催されたIBLAガラコンサートに招かれ、ニューヨークカーネギーホールを皮切りに数都市でのツアー公演に出演。
     
    2006年夏の結成当初より2007年12月まで「高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト」のメンバーとして活動をする。また、TVドラマ「のだめカンタービレ」で、実技指導をすると共に出演もした。

    その後イタリアで行われたコンサートが、テレビ、新聞に取り上げられ絶賛される。
    これまでに、「宮崎国際音楽祭」「蓼科音楽祭」「安曇野音楽祭」「軽井沢八月祭」「東京・春・音楽祭」などに出演。

    また、環境問題や食糧問題などを中心に社会貢献活動にも取り組んでいる。農林水産省提供の自給率向上のためのTV番組の出演や、アイメイト協会のコンサートに参加し寄付を行っている。

    最近では、コンサートで作曲家の湯山昭氏、竹内邦光氏など邦人作曲家の作品を取り上げ、好評を得ている。また、ソロリサイタルとともに「トウキョウ・モーツァルト・プレイヤーズ」などのオーケストラに参加、「ハイドンシンフォニエッタ東京」のリーダーを務めCDをリリース、、室内楽にも活動の場を広げる。
    2012年メジャーデビュー10周年記念リサイタルを銀座王子ホールと、記念CD「シューマンヴァイオリンソナタ1番、2番」を発売し、共に好評を博し「音楽現代」等に掲載された。
    2014年 「グリーグ:ヴァイオリンソタナ全曲集」をリリース。

    「シンプル&ナチュラル」をモットーとし、音楽をこの世の中で最も美しいものの一つととらえ、真摯に自分を磨き続ける魂から響くその音色が聴衆の心にそのまま響き渡る孤高のヴァイオリニスト。

     

    Riyoko Matsui, Violin
    Studied piano since age 3, violin from age 7 with well-known professors as such as Tatusya Takizawa, Toshiya Eto, Akiko Tatsumi and Tsugio Tokunagawa. She has also studied chamber music under the supervision of Shuku Iwasaki andKazuoki Fujii .

    She attended Rikkyo Elementary and junior hight School, Toho Gakuen School of Music and graduated in 2003.

    Riyoko won her prize in the High School division of All Japan Music Competition in 1997, won her 1st prize in Toshiya Eto Violin Competition and appeared as soloist with the Tokyo Metropolitan Orchestra in 1999.

    She as also worked in Europe with reknowned violinists in their master classes.
    After the release of her 1st CD recording "Fantasia" she was invited to a music festival in Sichuan Province Government . She has won a grand prize and the Bach Prize at the IBLA International Music Compeition in Italy, also winning her 2nd prize at Michelangelo Abbado Violin Competition in Milano. She was invited to IBLA Gala Concert Tour which included a concert at the Carnegie Hall in New York City and Little Rock.

    She has participated in Miyazaki International Music Festival and played under Maestro Charles Dutoit, the Karuizawa Arts Festival, and also in the Spring Festival in Tokyo who she played under Maestro Riccardo Muti.

    Riyoko has been active with participating in environmental and food issues in Japan. She was a part of the world's first Donation CD "Earth@Music", playing in concerts produced by NGO Group "JapanPLATFORM","Peace winds Japan" and "The Eye mate Inc.

    She has released her 10th year anniversary album of Robert Schumann's Violin Sonatas in 2012.
    Simple and natural is her motto and she perceives music as one of the most beautiful ways to express human nature and its soul.

     

  • Schedule

    To be announced

  • Performances

    Tchaikovsky Violin Concerto 2nd Movement (June 2016)

  • Contact

    ご意見、ご感想、ご依頼はこちら